category flowers of the month flowers of the month
2010年4月28日(水)
4月のレッスンより

【2010年4月のレッスンテーマ】

春爛漫には程遠い4月のお天気でしたが、
4月のお題は春になると何故だか作りたくなる「春リース」でした。
室内で楽しむテーブルリースです。

リースと言えば、「クリスマスリース」が代表例ですが、欧米では永遠を表す形とあり、季節問わず様々なシーンでリースが使われます。

2月、3月と少し甘めの色が続いたので、今回は少し大人色。
パープリッシュブルーのアンティークアジサイを使いたい!!!と、切望してましたが、なんせ他の花材と違い、インポート品種で希少なんです。

全クラスで使えなかった時の為、「気まぐれの花材で、、、」とご案内していましたが、見事!!全クラス、ご用意することができました!
う〜ん、大満足。

フォルム的にはそんなに主張の強いお花ではありませんが、他のお花ではなかなか代用できない、この絶妙な色の具合、たっぷり楽しんで頂けたと思います!

2010年3月31日(水)
3月のレッスンより

【2010年3月のレッスンテーマ】

よりナチュラルかつ、春爛漫な日々が待ち遠しくなるような「春の野原」が3月レッスンのお題。

春の訪れを祝う Easter がもうじきともあり、パステル調のイースターカラーの花々です。
春をを象徴するレディーバグやバタフライを「野原」に紛れ込ませたり、
3種のモスや石を隠して、ちょっぴりワイルド感もプラスしていますよ。
そして、テントウムシ君をちょこんとひっつけてお花の間に隠した石は、エッグハントならぬストーンハントです(笑)

仕入れの都合上、クラスによって若干色の違いはありますが、
どのクラスも優しい色合いの花々で、一足早い「春」がお部屋にやってきました!


2010年3月2日(火)
2月のレッスンより

【2010年2月のレッスンテーマ】

2月のレッスンテーマは久々の「お花屋さんスタイル」でお花選びをメインにgift flowerを作りました。
春が待ち遠しくなるようなピンク色の花々。花器は甘くなり過ぎないようにチャコールカラーのウッドボックス。
皆さんの様々な歓声と共に、アトリエが一気に春一色となりました。
アレンジの最後はギフトらしさをより引き立てる小さな’業’を。

スマートにお花を贈る方法や、注意点も一緒に学びました。


2010年2月4日(木)
2010年1月のレッスンより
2010年 1月のレッスンテーマ

2010年、最初のレッスンともあり、
1月のレッスンテーマはアレンジメントの基本のき!
フラワーアレンジメントの発祥ともいわれる
「英国スタイルのアレンジメント」でした。

クラッシックな形で、流行りのスタイルとは違いますが、
大切な要素がたくさん詰まっているイングリッシュスタイル。
少し難しいところもありますが、アレンジメントの幅を拡げてくれるスタイルだと思います。年の始めにアレンジメントのコツを掴んでもらえたかな?

2009年12月24日(木)
Merry Christmas !
Merry Christmas !!!

皆さんが素敵なクリスマスと
楽しい年末年始をお過ごしになられますように。

そして、皆さんの2010年にたくさんのHappyが訪れますように。

心をこめて。



こちらは12月のレッスン作品
楽しくなるようなミックスカラーの
テーブルアレンジメント
フルーツケーキのような仕上がりです。

2009年12月8日(火)
12月のレッスンテーマ

12月のレッスンテーマ。

は、やっぱり、クリスマス。
テーブルのセンターやコンソールの上などで楽しめるスタイルです。
花器も「こんなのがあったらな〜」ってイメージ通りのものがドンピシャで見つかり、瞬時に「これだーーっ!」って即決!!前回レッスンのリースが落ち着いた色味だったので、12月のアレンジは楽しくなるような、クリスマスがワクワク待ち遠しくなるような色合わせですよ。

クリスマス用ということだけあって、実ものやドライもの、長持ちのする花々をご用意して、いつもより長く楽しんでもらえるかな。

体験レッスンをご希望の方はこちらからスケジュールをご確認の上、
お申込み下さい。

---------------------------------------------------

また、こちらの画像(→→→)は前回レッスンのクリスマスリース。
これまでのレッスンでは、お手軽に、ちゃんと丸く、時間内にリースが仕上がるように、、、と、オアシスリングを使用したリースを作ることが多かったのですが、今年はワイヤリングをしながら作る、本格派のクリスマスリースです。いろーんな種類のエバーグリーンをミックスしたグリーンリッチなリース。作り方を説明した際のみなさんの「えぇ〜!大変そう〜!!」の反応は予想通りでしたが(笑)、直径40cm程あるだけあって難しかったにもかかわらず、出来栄えは予想以上!うーん、満足満足。

まるで森の中にいるようなフレッシュグリーンの爽やかな香り、楽しいクリスマスの香りとしてみなさんの記憶に残るといいな。




2009年11月30日(月)
11月の限定レッスン
11月、第1週目のレッスン。

クリスマスリースを制作するには、
街の雰囲気的も、気分的にもまだまだ早いし。

ということで、第1週目のクラスのみアイアンスタンドを使ったアレンジメントレッスンでした。

このスタンド、アンティーク仕上げのアイアン製で、背の高いアレンジにはぴったり。しかも、お花を楽しんだら鉢植えのスタンドとしても使えるし、鉢物入れたら絶対カワイイだろうし、ぜひぜひレッスンで使いたいな、と思っていたもの。でも、数が限定で全クラス分揃わなかった為レッスンでの使用は諦めていたのですが、とうとう、今回のレッスンで使えることに。

スタンド+お花で50cm程の背の高いアレンジメントの足元は、アイビーやグリーンネックレスを絡めたり、垂らしたり、、、でとても雰囲気のあるスタイルに仕上がりました。

2009年11月10日(火)
10月のレッスン作品

【2009年10月のレッスンより】

前回(10月)のレッスンテーマは「和の秋」

旬のダリアをはじめとした季節の花々、和花に使われる枝もの、そして秋の実ものetc...をアジアンテイストの籠にアレンジ。
大輪の花々の向きを活かしつつ、ちょっぴりワイルド&ナチュラルに、、、は全クラスの共通テーマでした。

秋らしさ、和らしさ、を感じながらも、現代のインテリアにもシックリ馴染む作品となりました。



2009年9月25日(金)
9月のレッスン作品
【2009年9月のレッスンより】

9月のレッスンテーマは「Bouquet Rond」
スパイラルの手法は、今回のようなお花束のみならず、ご自宅の花瓶にお花を活けるとき、はたまたウェディングブーケを作るとき、いろんなシーンで活用できる、とても便利なお花の束ね方です。

クラスによってご用意したお花の色も様々。
ちょっとシックな秋色や白ベース、赤オレンジ、黄色ベース、、、と。
「シェフの気まぐれサラダ」ならぬ「ジュンコの気まぐれブーケ」でした。

そして、最後のラッピングは私のお気に入り3種類から。
スタンダードなグリーン or 私の一押し、大人っぽいローズが一面に描かれたシックなパープルカラー or 同柄のナチュラルなマスタードカラーです。最後は、エンジ系のパープル o rライムグリーンのリボンで仕上げて。

丸く仕上げるのが難しいブーケロンですが、お花束を嬉しそうに抱えてお帰りになる皆さんを見て、私まで嬉しくなった9月のレッスンでした。

2009年8月12日(水)
7月のレッスン作品
【2009年7月のレッスンから】

冷夏といわれるだけあって、窓を開け放つと、ビックリするほど涼しい風が入ってきます。が、網戸に張り付いたセミが、これまたびっくりするほどの大声(?)で、もう、まるで、耳元で鳴いて下さっているよう(汗)
涼しい中にも、夏らしさを醸し出してくれています。。。

さて、こちらの画像は7月のレッスン作品です。
7月のテーマは「サマーパーティーにようこそ!」
夏らしく、ブルーを基調に、アジサイなどサラダボールへ水活けです。
かなりボリュームのある作品になりました。
こんなお花、ウェルカムフラワーとして招かれた先にあると、感激するなぁ。

夏だからこそ、みんなで集まって、サマーパーティー!
おススメです。楽しいですよ。

2009年7月1日(水)
6月のレッスン作品

【2009年6月のレッスンから】

6月のレッスンは「flowers in garden sac」
ナチュラルなガーデンサックに合わせてお花もナチュラルに。

夏を先駆けてご用意したヒマワリはクラスによって黄色や、茶系のヒマワリとありました。
実ものも、旬のものを日替わりで、ブラックベリー、ブルーベリー、ジューンベリー、スグリ etc...
クラスによっては枝付きストロベリーやオランダからやってきたチューリップシードという名のチューリップの実など、ちょっと変わり種の実ものもあったんですよ♪


2009年6月8日(月)
5月のレッスンより


【2009年5月のレッスンから】

花市場では通年出回っているバラですが、5月と10月は本当のバラの季節です。

そんな5月のレッスンは、いつもよりたくさんの種類のバラをご用意して「薔薇のアレンジメント」がテーマでした。

バラはフォルムがエレガントな分、ここはあえてポップ&カラフルなイメージで色とりどりのお花たちを。

上手にまとめるお花の選び方と色合わせの法則、そして色の散らし方、みなさんの日々の暮らしの中でも役立つと嬉しいです。